• ホーム
  • アパマンショップでの物件探しはやめておけ!

アパマンショップでの物件探しはやめておけ!

タワーマンション物件を探すときはアパマンショップで探すのは止めた方がよいでしょう。
アパマンショップの物件にはおとり物件というものがあります。
おとり物件とは既に契約が決まった物件にも関わらず、客寄せをするためにネット上に掲載して客寄せをすることをいいます。
表向きの顧客対応がいくら丁寧で素晴らしくても、こうしたおとり物件がアパマンショップには多いのでブラック体質の不動産屋には近づかない方が無難です。

また最近では北海道の札幌では部屋の消臭に使用するための消臭スプレー缶100本を廃棄処分するために穴を開けた後、湯沸かし器を使用したら建物が破壊するほどの大爆発事件を起こしています。
爆発は家が一件破壊し、隣接する建物が倒壊し、周辺の住宅のガラス窓が割れてしまうほどの大爆破でしたので、スプレー缶100本分のガスの威力はかなりのものだったのでしょう。

何故このような爆発が起こってしまったのか、その理由は消臭料金として顧客として費用を徴収していたにも関わらず、実際には札幌の営業所では消臭作業を行わず、消臭料金を顧客からだまし取っていたからです。
顧客の立場からすれば、このようなことが全国チェーン店展開をしているアパマンショップのような大手企業が行っていたとは、とても信じられないことです。
このような詐欺まがいなことを行っていた悪質なブラック体質の不動産業者には気をつけた方がよいでしょう。

ちなみにアパマンショップで賃貸契約を結ぶと、契約書に消臭抗菌代として約2万円が費用としてかかります。
実際にはこの消臭抗菌代はアパマンショップの従業員が消臭スプレー1本を部屋に散布するだけの作業なのですが、価格としては高すぎますし、実際にはスプレー1本を散布していなかったので、顧客を騙して料金だけを徴収していたにすぎないのです。

札幌の爆発事故事件がニュースで世の中に知れ渡ると、アパマンショップの評判もガタ落ちになってしまい、アパマンショップの悪質な社内体制についても世に知れ渡ることになり、アパマンショップの悪い評判があっという間に広がることになりました。
このような詐欺に引っ掛からないためにも、表向きの対応の良さだけには惑わされずに、良い不動産業者を利用することが大切ではないでしょうか。

タワーマンション物件は分譲で購入する場合は、一生に一度の大きな買い物です。
また賃貸でも長く住むことを考えるとやはり慎重に物件を吟味して選ばなければなりません。
そのため出来るだけ評判のよい信用出来る不動産業者と契約をするようにした方がよいでしょう。