• ホーム
  • タワーマンションは何階がベスト?住みやすさの違いとは

タワーマンションは何階がベスト?住みやすさの違いとは

マンションの受付

タワーマンションに住むのであれば何階に住むのがよいのでしょうか。
上に上がれば上がるほど日当たりも良く、通気性もよいので見晴らしがよいので、毎日高層階から見る景色に満足することが出来るでしょう。
特に高層階は低層階と比べると日当たりや通気性もよく、眺めも良いので解放感を感じることが出来るので精神的に安らぎを感じることもあります。
こうした景色に価値を感じる方であれば、上層階を選ばれるとよいかもしれません。

ただ注意しなければならないのは、同じ間取りであるにも関わらず上層階の方がどうしても価格が高くなってしまう特徴がありますので、高いお金を支払っても上階層に住みたいと思うのであれば上層階に住むメリットは十分にあるでしょう。
同じ間取りなら価格が安い方がよいと思われる方は低階層の方が価格が安いので、少しでも安く購入したいという方は低階層がおすすめです。

上層階の良いところは低層階と比べると生活騒音が少ない傾向があります。
色々な世帯が暮らすタワーマンションでは、生活音などの騒音が問題となることが多いので、生活騒音が気になる方は上階層の方がよいかもしれません。
またある程度、遮音や防音対策をしている物件を選んだ方が生活しやすいでしょう。
低階層の特徴は床下から冷気を感じやすいため、暖房効率が落ちやすくなりますし、反対に上階層では屋上からの日差しが強すぎるため、夏は冷房効率が落ちてしまうのがデメリットです。

タワーマンションで生活をする際は世帯数が非常に多いため、宅配業者などの外部の人間も多く出入りしますので、セキュリティが心配だという方もいらっしゃることでしょう。
マンションのセキュリティシステムは万全に行っている物件もありますので、セキュリティ面が心配な方はどのようなシステムが導入されているのかを確認されると良いです。
マンションのエントランスがオートロックになっているのは当然のこと、最近ではエレベーターに鍵やカードキーをかざすとエレベーターが動く仕組みになっているところもあります。
またエントランスでインターホンを押したフロアしかエレベーターが止まらないというシステムが導入されている家もあるので、セキュリティを重視されている方はこうした物件を選ぶとよいです。

タワーマンションでは上階層の住民は階段を使うよりもエレベーターで移動することが多いでしょう。
低階層の場合であれば階段で移動することも出来ますが、上層階ほどエレベーターで移動しなければなりません。
世帯数の多いタワーマンションでは朝や夕方の忙しい時間帯はエレベーター待ちをしなければならないこともあるかもしれません。

アーカイブ
人気記事一覧