• ホーム
  • 分譲と賃貸のタワーマンションはどっちが良い?

分譲と賃貸のタワーマンションはどっちが良い?

マンションの受付スタッフ

タワーマンションは分譲を購入するかと賃貸を利用するかという選択方法がありますが、同じ物件に40年以上住み続けるのであれば、分譲の方が総額費用は少なくすみます。
しかし分譲マンションを住宅ローンを利用して購入する場合は、毎月高額なローンを支払い続けなければならないというデメリットがあります。
収入がある時ならよいのですが、ローン返済が長期化した場合、定年退職後も支払い続けなければならないというデメリットがありますし、途中リストラなどで支払い不可能になった場合は、分譲マンションを手放さなければならないというリスクもあるでしょう。

タワーマンションを分譲で購入するメリットは自分の資産となるため、住宅ローン返済後は資産価値があります。
賃貸の場合は同じ期間、賃料を支払い住み続けても自分のものとなりませんので資産価値は残念ながらありません。

分譲マンション購入のメリットはマンションが自分のものになりますので、子供に残すことも出来るでしょう。
デメリットは購入後の修繕費や管理費などは支払続けなければなりませんので、こうした費用も用意しておく必要があります。

長年住み続けると、建物全体が老朽化していきます。
中古マンションを購入した場合は地震などの災害が来た場合、老朽化していると建物が住めない状態になる危険性もありますので、購入時は安全な物件かどうかをしっかり確認する必要があるかもしれません。
中古物件の場合は新築物件と比べるとどうしても修繕費が高くなる傾向がありますので、マンションを購入した場合、修繕費や管理費なるどの総額費用についても考えた方がよいです。

中古マンション購入後のリスクは、耐震強度不足がある可能性もあるかもしれないということです。
地震などの災害が来た場合も建物全体が耐えることが出来るかどうかも心配な点の1つだといえます。
そのためタワーマンションを購入する場合は災害に耐えることが出来るかどうかを見極めた方がよいでしょう。

分譲の場合、一度購入した後はどうすることも出来ませんが、賃貸の場合であれば何か問題があれば、すぐに住み替えをすることが出来るというメリットがあります。
賃貸のメリットは自由に住み替えが出来るという点です。
転勤などがあった場合はすぐに引越しをすることが出来ますし、子供が成長するまで賃貸で生活をし、老後は小さめのマンションに住み替えることもできます。
分譲の場合だと、気軽に引越しすることが難しいので、分譲にするか賃貸にするのかよく考えて決めるとよいでしょう。

アーカイブ
人気記事一覧