• ホーム
  • 賃貸比較サイトで優良物件を見極める方法とは?

賃貸比較サイトで優良物件を見極める方法とは?

マンションのルーム

タワーマンション物件を探すのに役立つのが賃貸比較サイトです。
賃貸比較サイトでは様々な物件情報がありますので、自分が住みたいマンションと周囲にあるマンションの価格の相場や面積、間取りなどを比較することが出来ますので、必ず確認しておきましょう。

またタワーマンションの構造や標高などの耐震性、地盤の固さについてもよく確認された方が良いです。
地盤の固さは地形を見ると判断することが出来ます。
低地部分や海抜ゼロメートル地帯の土地に建っているタワーマンションは地盤が軟弱であるため、地震が来ると土地とタワーマンション全体が揺れることになりますので、物件選びをする際は出来るだけ地盤が固い土地にあるマンションを選ばれた方がよいです。
また過去に湿地や沼地だった場所を埋め立てて建てられたマンションは地盤が弱いため避けた方が無難です。
地盤を調べるには設計図書のボーリングデータを確認すると地盤の土質や地層を調べることが出来ます。
ボーリングデータは建物を建てる前にあらかじめ地盤調査を行い、その結果をまとめたものです。

多くの賃貸比較サイトには様々な物件が紹介されているのですが、優良物件を見極めるにはどうしたらよいのでしょうか。
中にはすでに入居契約が決まっているにも関わらず、ネットで物件紹介がされているおとり物件もありますので、こうしたおとり物件には注意しなければなりません。
賃貸契約を結ぶ前は必ず内見予約を入れて部屋の内見を行うように心がけましょう。

事前に内見予約をしておくと、丁寧に接客をしてもらうことが出来るので確認ポイントがいくつかあります。
まず部屋の間取りや面積は周辺の物件との相場に近いものかどうか、契約内容はどのようなものかどうか、賃貸物件の場合は周辺の環境についても調べておくとよいでしょう。
特に賃貸物件を借りる場合は契約内容をしっかり見ておかなければなりません。

賃貸契約の場合、定期借家契約と普通借家契約があります。
普通借家契約の場合、借主が解約を希望しない限り、定められた契約期間が満了する前に賃貸契約を更新出来る契約のことで、定期借家契約物件の場合は、必ず契約が終了する時が訪れます。
契約期間満了後は、当たり前ですが借主は物件から退去しなければなりません。
定期借家契約物件と知らずに部屋を借りてしまうとまだ住み続けたいのに突然引越ししなければならなくなるなど、大変なことになってしまうので注意する必要があります。
そのため賃貸物件での確認ポイントは借家契約の内容を必ず確認することです。

人気記事一覧